サイトマップページです。

  • TOP
  • »
  • サイトマップ

サイトマップです

椎間板ヘルニアとスポーツの関係性

スポーツが原因で発生する身体的障害としては、椎間板ヘルニアが全スポーツ障害に占める割合は10%程度です。しかし、多くの外傷が短期間に後遺症を残さずに治癒するのに対し、椎間板ヘルニアは再発性が高く、完全治癒することの少ない障害です。

どんなスポーツに椎間板ヘルニアを訴える人が多いかというと、サッカー、野球、バレーボール、陸上競技、バスケットボールが上位を占めます。

その理由の第一として、クラブ活動やレクレエーションスポーツのレベルで愛好者が多いことがあげられますが、加えてこれらのスポーツは小中学生といった発育期に盛んなスポーツであることも大きな理由です。

というのは、この発育期にジャンプを繰り返したり、腰を捻るという動作が多いスポーツを過剰に行うと、椎間板ヘルニアだけでなく、腰椎分離すべり症などを引き起こしやすいからです。

一方、競技スポーツにおいては、前述のスポーツに加え、ゴルフ、スピードスケート、卓球、ウェイトリフティングといったスポーツが椎間板ヘルニアを引き起こしやすくなります。

これらのスポーツでは、競技中、前屈位姿勢をとる時間が長い、重量物を持つ、一方向のみの捻りを繰り返すといった腰に負担のかかる姿勢、動作が多いことが原因と考えられます。

年齢的な見地から椎間板ヘルニアの原因をみると、小中学生では自分の年齢や体力以上に運動を行ったり、使い過ぎが最も多い原因であるのに対し、年齢が高くなると競技中に転倒して腰を打ったり、捻ったりという外傷によるものが多くなります。

椎間板や椎間関節に加齢的変化をきたしている人には、腰を捻る不自然な姿勢を強いられるスポーツは適しません。高齢者のスポーツ(散歩や体操を含めて)活動が近年盛んになっていますが、脊椎の可動性、骨の強さに応じた種目を選ぶことが大事になってきます。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.