坐骨神経痛と椎間板ヘルニアの違いについてお話ししております。

坐骨神経痛について


坐骨神経痛とは病名ではなく、椎間板ヘルニアが原因となって引き起こされる、神経症状のことを指します。

坐骨神経はお尻を貫き、太ももの後方側を下がり、ふくらはぎを経由して足へと降りていっています。

この坐骨神経の通り道が何らかの刺激を受けると、お尻から太ももにかけて鋭い痛みを感じるようになり、また症状が進んでくると、足の痺れや痛みが徐々に下腿へと伸びていき、酷くなると足先まで痺れるようになります。

坐骨神経痛の主な症状が表れる場所としてはお尻や太もも、ふくらはぎになります。それと共に椎間板ヘルニアが影響して感じられる症状は、腰の痛みや太ももの裏から足へかけての痛みになります。更には腰の痛みで歩行が困難になり、足に力が入り難くなるなどの症状が出てくることもあります。

椎間板ヘルニアになると、坐骨神経を圧迫することになりますので、ほとんどの場合、坐骨神経痛を併発することになります。坐骨神経は腰椎から下半身に繋がる神経ですので、下半身に悪影響を及ぼすのはこのためです。

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛を発症してしまった場合、まずは圧迫を受けている神経を元に戻す必要があります。

しかし、圧迫を受けている神経を取り除くには、一般的に外科的手術しか方法がないと思われがちですが、実は手術をしなくてもこの神経圧迫を取り除く方法があります。

その方法とは福辻式治療法です。この福辻式治療法では手術や薬などを一切使わず、ストレッチだけで神経圧迫を取り除き、椎間板ヘルニアを治すことができる画期的な治療法です。

ストレッチで神経の圧迫を取り除くことができるのか、と疑問に思われる方は多くいますが、福辻式を実践した50000人以上の椎間板ヘルニア患者さんが、足のしびれや腰の痛みを改善している実績があります。

まずは一度、福辻式治療法の詳細を確認してみてください。福辻式治療法を取り入れれば、あなたの腰の痛みや足のしびれは取り除くことができるはずです。

→椎間板ヘルニアを治す 福辻式治療法はこちらから

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


関連ページ5


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.