椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症について解説しています。

脊柱管狭窄症について


腰痛を伴う疾患には様々なものがありますが、その中でも特に多く名前を聞くのが椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症です。

椎間板ヘルニアとは、椎間板の中にある髄核という、骨と骨の間を支えるクッションの役割をしている部位が外に飛び出して、神経を圧迫したり炎症を起こしたりするものです。

脊柱管狭窄症は、背骨の傍にある神経が通る道が狭まり、その結果神経が圧迫されてしまう病です。

椎間板ヘルニアも脊柱管狭窄症も、神経を圧迫してしまうことが症状の主な原因となるわけですが、このふたつの病は症状はよく似ていますが、してはいけない動作に大きな違いがあります。

椎間板ヘルニアでは中腰や前屈みの姿勢を長く続けたりすると悪化する可能性が高く、脊柱管狭窄症では逆に、腰を反らしたり捻ったりする動作が危険です。

ですので、腰が痛いと思ったら安易にマッサージや独学のストレッチは行わず、まずは自分の腰痛の原因がなんであるかをしっかりと把握することが大切です。

原因が分かればそれに合わせた治療を行うことができます。一部の保存療法では、椎間板ヘルニアも脊柱管狭窄症も同じ治療法になります。

というのも、どちらも筋肉の強張りや血管の収縮が痛みの原因のひとつであるため、患部を温めたり、安静にすることで痛みを改善することができるからです。

ただし温熱療法や安静といった方法は主に現状からさらに悪化しないための対策で、この方法で完治までもっていくのはなかなか難しいと言えます。

そこで有効とされるのがストレッチです。疾患に合った正しい動作のストレッチを行うことで、症状を緩和し、完治させていくことが可能です。

当サイトでは自信を持って福辻式ストレッチをおすすめしております。長く腰の疾患の治療に携わってきた福辻先生が、自宅でもできるようにと考案されたもので、今までに延べ5万人以上の方がこの治療法で症状を改善しております。

きっと、あなたが今お悩みの腰の痛みや痺れはこの福辻式治療法で改善できると思いますので、まずは一度詳しい内容を下記よりご覧になってみることをお勧め致します。

→椎間板ヘルニアを治す 福辻式治療法はこちらから

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


関連ページ5


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.