椎間板ヘルニアがぎっくり腰を繰り返す人になりやすい理由とその治療法についてお話しています。

ぎっくり腰について


椎間板ヘルニアとぎっくり腰は急激に腰の痛みが起こるという意味ではよく似ていますが、症状としてはまったく違うものになります。

ぎっくり腰は簡単に言うと捻挫です。ですので、腰椎や関節など骨にはまったく問題がなく、安静にしていれば1~2週間程度で治ります。

一方椎間板ヘルニアは、急激に痛みだすことも確かにありますが、椎間板ヘルニアはその名の通り椎間板にヘルニアが発生している状態で、その結果神経を圧迫して炎症や痛みを起こしています。

ぎっくり腰を繰り返すような体への負担の大きい生活をしていると椎間板ヘルニアになってしまう場合はありますが、ぎっくり腰が原因なのではなく、あくまでも、体にかかっている負担が原因で発症するものです。

この部分を勘違いしている人が多く、確かに腰の痛みという意味では同じ症状が出ますが、椎間板ヘルニアとぎっくり腰はまったく違う原因で起こり、そのため発症した際の対処法も異なるものだと考えてください。

ですがどちらも腰に負担がかかっているという点では同じなので、予防法や再発防止には積極的に動くことが良い方法です。

もちろん痛みが激しいときには安静にするべきですが、しばらくして痛みが和らいできたら、椎間板ヘルニアなど腰の痛みの原因のひとつである筋力の低下や姿勢の悪さを解決するために、ストレッチやウォーキングを行うことがお勧めです。

大きな病院などではリハビリの専門家がいるところもありますので、そういったところで直接指導を受けるのがお薦めですが、通える範囲にそのような病院が無い場合には、独自で方法を調べて行うことになります。

しかし、無料で公開されているものも多くありますが、誰が考案したのか、本当に良いメニューなのか分からないことも多くあると思います。

ですので、誰が考案したのかハッキリとわかる「福辻式ストレッチ」など、信頼性の高いものを利用することをお勧めします。

福辻式ストレッチは、多くの腰痛患者さんを改善してきた実績を持つ福辻先生が考案されたストレッチで、実際にこのストレッチを行うことで腰痛が改善された方が多くいます。

ストレッチの内容や実践した人の声などは下記から確認することができますので、腰の痛みでお悩みの方はぜひ一度詳細を確認してみてください。きっと、あなたの辛い症状を改善するための第一歩に繋がるはずです。

→椎間板ヘルニアを治す 福辻式治療法はこちらから

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


関連ページ5


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.