椎間板ヘルニアは理学療法を上手く利用することで解消できます。

理学療法について


理学療法とは、身体に障害のある人に対して物理的手段を加えることで、回復を促す治療法のことを言います。

椎間板ヘルニアにおいても理学療法は効果的な治療法であると言われ、様々な病院などで行われています。

椎間板ヘルニアは症状が悪くなると外科的手術を行うことがありますが、術後に理学療法を積極的に行っているかどうかで、その後の日常生活への復帰速度や再発の危険性に大きな変化が出てきます。

理学療法には様々なものがあり、電磁波による刺激、運動療法、温熱療法、などの種類が用いられています。中でも理学療法の代表的なものは「運動療法」です。

運動療法にはストレッチなどの軽いものから、スポーツジムにおいてあるような器具を使った本格的なものまで、ありとあらゆる運動が存在します。

本格的な器具を使わなくとも、十分にその治療効果を発揮することができ、ウォーキングやストレッチ、筋力トレーニング、などがよく治療に用いられています。

理学療法を受ける際に気をつけておくべきことは、自己流でやることは避けるということです。独学で理学療法を行った結果、逆に腰に負担がかり状態が悪化してしまったという事例も多くあります。

ですので、運動療法を行う前には必ず理学療法士や椎間板ヘルニアに詳しい専門家などに相談をして、自分の体の状態にあったトレーニングメニューを組んで実行することが大切です。

そうした理学療法士や専門家の意見をしっかりと聞いておけば、身体に余計な負担が掛からない理想的なトレーニングを行うことが出来ます。

もし、あなたが通っている病院に理学療法士がいない、もしくは信頼できる先生がいないというのであれば、当サイトでご紹介している「福辻式ストレッチ」を一度実践してみることをお薦めします。

福辻式ストレッチを開発された福辻鋭記先生は、椎間板ヘルニアの治療歴が30年以上、日本の名医50人選ばれるなど、自他共に認める椎間板ヘルニアの名医です。

また、この福辻式ストレッチを実践して腰痛を改善された人は5万人を超えていますし、椎間板ヘルニアを改善された方も多くいますので、ぜひ一度試してもらいたい運動療法です。

詳しい内容は下記よりご案内しておりますので、腰の痛みや足の痺れで悩んでいる方は一度詳細をご覧になってみてください。きっと、この福辻式ストレッチがあなたを長いこと悩ませている椎間板ヘルニアを改善するきっかけになるはずです。

→椎間板ヘルニアを治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.