椎間板ヘルニアをレーザー治療で治す場合の術式と費用などをご紹介しています。

レーザー治療について


椎間板ヘルニアのレーザー治療といえば、手術をイメージする方は多いと思いますが、最近は技術の進歩により患者の負担も減り、中間的療法と言われる侵襲性がとても低い術式が主流になっています。

ヘルニアの手術では、切開をして内視鏡などをもちいる方法が主流ですが、レーザー治療では針を刺して椎間板の中央にレーザーを照射し、内圧を下げてヘルニアを引っ込めることができます。

PLDD法とも言いますが、この方法は身体への負担が少なく、傷口はほとんど残りません。また日帰り手術が可能です。つまり入院することなく治療を済ますことができます。

手術を受けるべきかどうか躊躇している患者さんも、レーザー治療を受ける方が増えています。麻酔、出血などの不安を解消でき、痛みやしびれなどの症状を解消することができます。

診察を受け、ヘルニアの塊がある程度大きく出来れば手術したほうがいい、と言われた場合はこの方法がうってつけです。

ただしレーザー治療はある程度以上重度になってしまったあとでは効果が無く、かえって症状を悪化させる可能性もあると言われていますので、早期に決断することが大事です。

レーザーを椎間板に放出すると、空洞ができます。この空洞に出っ張った椎間板が萎縮して入り込み、ヘルニアがなくなります。

局所麻酔を打って針を刺し、適量を照射します。またどれくらいの量を打てばいいのか、的確な場所に針を刺すことができるか、など、医師の腕前にかかっています。

そのためレーザー治療を受けるのであれば、実績が多く、成功率が高い医師を選ぶことが大事です。

またレーザー治療は保険適応になっていませんので、「40万円」くらいの費用が必要になりますが、ローンで受けることも可能です。

ローンが可能とはいえ大きい金額ですし、どの方法を取るべきか悩む人も多いです。そんな悩みを抱えている方には、福辻式腰痛改善プログラム(DVD)がおすすめです。

自宅での簡単なストレッチだけで症状を緩和させることができます。すでにレーザー治療を受けている方でも、福辻式ストレッチはリハビリや予防としても有効な方法なので、レーザー治療を受けた後のリハビリにもとてもおすすめです。

下記ボタンより詳細を確認できますので、椎間板ヘルニアに悩まれている方は一度確認してみてください。きっと、あなたのその辛い症状を改善するきっかけになるはずです。

→椎間板ヘルニアを治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.