椎間板ヘルニアに対する保存療法についてお話ししております。

保存療法について


椎間板ヘルニアで有効とされる保存療法にはどのようなものがあるのか。まず、よほど重症の椎間板ヘルニアでない限り、いきなり手術やブロック注射を薦められることはまずありません。

そういった軽症の椎間板ヘルニアの悪化を防ぎ、改善に向かうために提案されるのが保存療法です。保存療法というと安静にすることだと思っている人も多いですが、実はこれには少々誤解があります。

安静にするように言われるのは、椎間板ヘルニアの急性期という、激しい痛みと炎症が起こっている時期の場合です。痛みがさほど激しくなくても、炎症があると診断されれば、まずは炎症が落ち着くまで待つことが優先となります。

これが安静の理由であって、炎症が落ち着いた後には今度はしっかりと強張った筋肉をほぐしたり、腰椎を支える力を取り戻すためのトレーニングをしたり、身体のバランスを戻すことが必要になります。

この場合の保存療法は、患部を温める電気療法や温熱器具を使ったもの、また専門のマッサージ師に施術をしてもらったり、専門家のアドバイスを交えたリハビリや独自のストレッチで筋肉を鍛えることなど、大きく分けて二種類になります。

椎間板ヘルニアの保存療法で行うリハビリは、必ずしも大掛かりな施設が必要なものではなく、自宅で畳一畳分のスペースがあれば充分に行えるものがほとんどです。

ただし通っている病院によってはリハビリ施設との連携がなく、無理をしない程度に体を動かしてくださいとしかアドバイスをしてもらえず、薬や湿布を渡されてそれで終わりとなることがほとんどです。

そのような場合、自分の椎間板ヘルニアの症状に合ったストレッチ方法やトレーニング方法を探して実践していく必要があります。椎間板ヘルニアは安静にしていたり、薬や湿布などをいくら使ったところで治ることはありません。

椎間板ヘルニアを完治するには、まず今までの日常生活をしっかりと見直すことから始め、崩れた体のバランスを整えたり、弱っている腰椎周りに適切な筋力をつける必要があります。

それには、ストレッチを含めたトレーニングがとてもお薦めで、ストレッチをして体のバランスを整える、トレーニングで必要な筋力をつける、このことをしっかりと意識して行っていけば、椎間板ヘルニアを完治できるだけでなく、完治した後も再発防止、予防にとても効果を発揮していきます。

この全てを教えてくれるのが、福辻鋭記先生が考案された「福辻式治療法」です。福辻式治療法は、椎間板ヘルニアの痛みがある人でも少しずつ行っていけるように考えられたストレッチとトレーニングを掛け合わせた治療法です。

また、今までに延べ5万人以上の患者さんが腰の痛みや痺れの症状を改善し、元の日常生活に戻ることができています。

そして、ほとんどの患者さんが、一ヶ月程度で腰の痛みや痺れを改善することができていますので、もしあなたが、長いこと椎間板ヘルニアで悩んでいるのであれば、まずは一度この福辻式治療法を実践してみることをお薦め致します。

きっと、この治療法があなたを長いこと悩ませている、腰の痛みや痺れを改善するきっかけになるはずです。

→椎間板ヘルニアを治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.