椎間板ヘルニアを治したければ運動療法を進んで実践するべきです。

運動療法について


椎間板ヘルニアの治療方法のひとつに、運動療法というものがあります。様々な理由で強張ってしまっている部分を、動かすことでほぐし、また筋力を鍛えて腰椎を支える力を取り戻させる効果があります。

このような運動療法は、ストレッチや体操が主になります。身体を動かすと聞いてスポーツを連想する人も多いのですが、スポーツは椎間板ヘルニアの改善方法としては動きが激しすぎるため向かないことが多いのです。

むしろ、激しいスポーツで身体に負荷をかけた結果、椎間板ヘルニアになってしまうというケースも多いです。そういった場合でも、身体のバランスを取り戻す適切な運動療法は椎間板ヘルニアの改善に非常に大きな効果があります。

とはいえ、自分の状態に合った動かし方をしないと、かえって椎間板ヘルニアの症状を悪化させてしまうことがあるので、身体を動かせれば何でも良いというわけではありません。

ある程度以上になって、椎間板ヘルニアの症状が重い時に病院にかかると、リハビリ施設を案内してもらえることもありますが、そもそもリハビリできるところがなかったり、医師が運動療法に精通していない場合もあります。

そういった病院では薬や温熱療法、安静などが中心になりがちなのです。薬や温熱療法はあくまでも対処療法です。また、安静にしていても根本的な解決にはなりません。

薬は服用することによって、薬の作用を利用し一時的に痛みを抑えているだけに過ぎませんし、温熱療法も滞っている部分の血流を良くするだけであって、それで一時的に症状は楽になりますが、これも根本的な解決にはなりません。

椎間板ヘルニアをしっかりと根本から治すには、今まで送ってきた日常生活の見直し、崩れている身体のバランスを適正に戻す、衰えている腰椎周りの筋力をつけるなどが必要になってきます。

日常生活の見直しに関してはご自身で行っていく必要がありますが、崩れている身体のバランスを適正に戻したり、衰えている腰椎周りの筋力をつけるには運動療法がとてもお薦めです。

もし、色々と情報がありすぎて、どのストレッチや体操を行えばいいか分からないと悩んでいる方は、当サイトでお薦めしている「福辻式ストレッチ」を一度実践してみてください。

当サイトが福辻式ストレッチをあなたにお薦めする理由はその実績にあります。福辻式ストレッチでは、今までに延べ5万人以上の腰痛患者さんが症状を改善し、その中でも椎間板ヘルニアで悩む多くの方が、このストレッチを実践したことによって、腰の痛みや痺れを短期間で改善している実例が多くあります。

このような理由から、当サイトでは「福辻式ストレッチ」を強くお薦めしているのです。詳しい内容は下記からご覧いただくことができますので、椎間板ヘルニアで長いこと悩んでいる方は、まずは一度実践してみてください。

きっとこの福辻式ストレッチが、あなたを長いこと悩ませている腰の痛みや痺れを改善するきっかけになるはずです。

→椎間板ヘルニアを治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.