椎間板ヘルニアにブロック注射を打ってもあまり意味がありません。

ブロック注射はただの麻酔です


椎間板ヘルニアになると、激しい腰の痛みや足の痺れの症状が出ます。その痛みはかなりのもので、なった人にしか分からないですが、立ち上がることも困難になるほどの痛みが襲ってきます。そうした痛みを取り除くためによく使われているのがブロック注射です。

ブロック注射は痛みの原因となっている神経に局部麻酔を打ち込んで痛みを感じないようにするという療法で、「腰部硬膜外ブロック注射」と「仙骨部硬膜外ブロック注射」の2種類の方法があります。

腰部硬膜外ブロック注射は、背骨の骨と骨との間に局部麻酔薬やステロイド剤を注射して、痛みを緩和させます。

仙骨部硬膜外ブロック注射も、局部麻酔を打つという点ではまったく同じで、腰部硬膜外ブロック注射とは違い、お尻の上のほうにある仙骨部を狙って局部麻酔薬を注入します。

注射を打つだけで痛みが引くのなら非常に良いのですが、残念ながらこのブロック注射は効果期間が人それぞれで安定しないという欠点があります。

麻酔が効いている間はいいのですが、麻酔が切れた後すぐ痛みを出す人もいれば、麻酔の影響で痛みを発する神経の働きが鈍り、何ヶ月も痛みを感じない人もいたりと、非常に効き具合に幅がある治療法です。

そのため効かない人は何回もブロック注射を受ける必要があり、体に負担をかけることにもなりますし、経済的にも負担が掛かってしまいます。

ブロック注射は椎間板ヘルニアの激しい痛みを軽減してくれる効果的な治療法ではありますが、専門的な知識や技術が必要となる療法です。ですので、もしブロック注射を受けるのであれば、専門医とよく相談し、治療を行うかを決定するようにしてください。

また、ブロック注射は直接椎間板ヘルニアに作用するものではないので、根本治療にはならないことも知ってください。ブロック注射は痛みを一時的に抑えるだけのただの麻酔に過ぎません。

ブロック注射を打てば、椎間板ヘルニアが治ると思っている方が多いようですが、そんなことはありませんので、その点もよく理解していただければと思います。

椎間板ヘルニアを根本から治すのであれば、ブロック注射ではなく、当サイトでお薦めしている福辻式治療法を実践することです。

この福辻式治療法では、今までに延べ50000人以上の腰痛患者さんが症状を改善しており、その中でもあなたと同じように椎間板ヘルニアで悩んでいた多くの方も、この福辻式治療法を実践したことにより、症状を改善しております。

もしあなたが長いこと椎間板ヘルニアで悩んでいるのであれば、まずは一度この福辻式治療法を実践することをお薦めいたします。この治療法があなたのその辛い腰の痛みや痺れを改善するきっかけになることは間違いないはずです。

→椎間板ヘルニアを治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.