椎間板ヘルニアを治したければいつまでも安静にしていてはいけません。

安静について

椎間板ヘルニアと一言にいっても、その症状によって必要な対処法は異なります。

たとえば、整形外科に行けば安静にすることを言われると思いますし、治療院などに行くとストレッチや運動が良いと、先生によって真逆のお話をされることがあるかと思います。

これは実は、どちらも正しいのです。椎間板ヘルニアには、痛みが激しい急性期と、慢性的に痛みが続く慢性期があります。

前者は炎症が起こっていて、下手に体を動かすとかえって椎間板ヘルニアの症状を悪化させることになるため、安静にして炎症が治まるのを待つのが最も良い方法です。

また、痛みがあまりにも激しくて耐えられない場合には、鎮痛剤や神経ブロック注射などの保存療法が適用されます。

一方、この激痛を過ぎて症状が落ち着いても、すぐに完全に治るわけではありません。軽くなっても完全には治っていない、歩くと痛むなど、その症状の出方は人によって様々です。このような時には、やりすぎない程度に運動やストレッチを行うことが改善に繋がります。

というのも、椎間板ヘルニアでは日常で行う動作や姿勢の悪さなどが身体に負担をかけて積み重なって起こることが多いので、ストレッチや運動を行うことで負担を支えられるよう鍛えたり、溜まった疲労で凝り固まった筋肉を解したりすることが改善と再発予防になるのです。

また、急性期には安静にすることが大切ですが、ずっとそのままだと使わない筋肉が弱ってしまい、かえって椎間板ヘルニアの悪化を招くこともあります。

どのタイミングで安静にし、どのタイミングで体を動かすかは自分の身体の状況と相談しながらになりますが、不安な場合には担当の先生と話し合いながら進めていくことです。

とはいえ、椎間板ヘルニアを改善するための正しい運動の仕方については、リハビリの専門家ではないと詳しくないことがあります。

もしあなたの通っている病院や治療院にそのような専門家がいれば、その方からアドバイスをもらえればいいですが、そのような環境下にいない方は、当サイトでお薦めしている「福辻式ストレッチ」を実践することをお薦め致します。

このストレッチは、腰痛治療歴が30年を超える福辻鋭記先生が独自に開発されたストレッチ法で、椎間板ヘルニアで悩んでいた多くの方がこの方法で症状を改善しています。

ですので、あなたの椎間板ヘルニアもこのストレッチ法で改善することができると思いますので、まずは一度下記より詳細をご覧になってみてください。

きっと、この方法があなたを悩ませている、辛い腰の痛みや足のしびれを改善するきっかけになるはずです。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


関連ページ3


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.