椎間板ヘルニアを改善するには筋力トレーニングは絶対に必要です。

筋力トレーニングについて


椎間板ヘルニアの改善方法として、温熱やブロック注射、手術など様々なものがありますが、整形外科で提案される治療法の多くは、対処療法です。

というのも、椎間板ヘルニアという現象自体は医学的に判別できても、どうしてそれが起こってしまったのかという点においては、その明確な原因を探し当てるのが難しいためです。

椎間板ヘルニアそのものも、確かに髄核が飛び出していて椎間板ヘルニアの状態なのに、痛みなどの症状は一切ないという人もいます。この場合はもちろん、問題が起きていないので治療の必要はありません。

椎間板ヘルニアの原因としてよく言われるものは日常生活での動作、身体の老化、姿勢の悪さの3つです。これらの要因が絡み合って、椎間板ヘルニアになってしまっているという場合ももちろんあります。

このような、日常生活の積み重ねや、どうしようもない身体的な老化を治すためには、毎日の習慣から変えていく必要があります。

手術で椎間板ヘルニアの飛び出している部分を取り除いたとしても、原因の部分が解決されていないのではまた再発してしまうからです。

では毎日の習慣をどのように変えていけばいいのでしょうか。姿勢や日々の動作の見直しはもちろんですが、身体の老化に対しては筋力トレーニングを行うのが有効的です。

筋力トレーニングと言っても、ジムで行うような大変なものではありません。自宅で毎日行えるちょっとしたものでも、正しい方法で行えば十分な筋力トレーニングになります。

ポイントは、毎日行うということです。1日15分程度で構いませんので、筋力トレーニングをする時間を生活の中に組み込んで習慣化していってみてください。そうすることで継続的に筋肉の低下を防ぎ、身体のバランスを整えていくことができるのです。

どのようなトレーニングを行えばいいかわからない人には、「福辻式ストレッチ」をお勧めいたします。

長年、椎間板ヘルニアの改善方法を研究されてきて、5万人以上の腰痛患者を治してきた福辻鋭記先生が、自宅でできるようにと考案したトレーニング法です。

詳しい内容は下記よりご案内しておりますので、まずは一度ご自身の目で詳細を確認してみてください。きっと、この福辻式ストレッチがあなたを悩ませている、椎間板ヘルニアを改善するきっかけになるはずです。

→椎間板ヘルニアを治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.