若年性椎間板ヘルニアを改善するにはある方法がとてもお薦めです。

若年性椎間板ヘルニアについて

椎間板ヘルニアというと、高齢者の方がかかるイメージが強いですが、ここ最近では日常生活の大きな変化によって、高齢者の方よりも20代~30代の若い人が多く発症している傾向にあります。

このような若い年代の方が発症する場合、若年性と頭につけて、「若年性椎間板ヘルニア」として区別されます。

というのも、若年性椎間板ヘルニアは、年齢を重ねた人が発症した場合に比べると痛みが強くなることが多く、
日常生活に支障が出る可能性が高くなります。

なぜこのようなことになるかというと、若い人の方が椎間板の内圧が高いため、通常のヘルニアに比べて神経を強く圧迫してしまうことがあるからです。身体の状態が異なることで症状の現れ方に差があるとはいえ、若年性であっても改善方法は変わりません。

ただし、若年性椎間板ヘルニアの方が生活に影響の出る強い症状が出やすいため、また高齢の方に比べて手術に耐えうる体力を持っているため、悪化した際に手術という選択肢になりやすいことはあります。

しかし若年性椎間板ヘルニアも、基本的には保存療法で治せるものです。手術で痛みを取り除くことは可能ですが、これは痛みの要因を取り除いただけで、どうしてそうなったのかという根本部分を解決していません。そのため、再発が起こりやすい状態になってしまうのです。

再発を防止するためには普段からの運動や姿勢への工夫が必要なのですが、急いで痛みを取り除きたい、生活に大きく支障が出ているという状態でない限り、適切なストレッチと生活習慣の改善だけで十分に若年性椎間板ヘルニアを治すことができます。

手術を考える前にまずは、ストレッチの習慣化と毎日の食生活や正しい姿勢を意識することから始めることが、椎間板ヘルニアの早期改善に繋がっていきます。

どのようなストレッチをすればいいか分からない方は、30年以上腰痛治療に携わってきた福辻鋭記先生が考案された「福辻式ストレッチ」を一度実践することをお勧めします。

毎日継続しないとなかなか効果を出すことが難しいですが、コツコツと継続することで、確実に椎間板ヘルニアの原因となっている元を断ち、椎間板ヘルニアを根本から治していくことができるようになります。

詳しい内容は下記よりご案内していますので、長いこと腰の痛みや足の痺れで悩んでいる方は、一度詳細を確認してみてください。きっと、この福辻式ストレッチがあなたの椎間板ヘルニアを解消するきっかけになるはずです。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


関連ページ3


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.