椎間板ヘルニアの足の痛みとしびれにお悩みの方はこちらのページを一度ご覧ください。

足の痛みとしびれについて

椎間板ヘルニアの症状が進行すると、足の痛みとしびれが起こるようになります。

この足の痛みとしびれはなんとも言えないような感覚に加えて、触られた感覚自体が鈍くなる知覚鈍麻が発生します。

椎間板ヘルニアで診断を行う際には、この知覚が特に鈍い位置を知ることが重要です。

というのも、椎間板ヘルニアで起こる足の痛みとしびれや感覚の鈍りは、脚の全体に一斉に起こるのではなく、例えば腿の裏側だとか、外側だとか、足のつま先だとか、起こる箇所に決まりがあるのです。

これは、どの神経が圧迫されているのかを知るための手掛かりになります。その他に椎間板ヘルニアでよく起こるのが、筋力の低下です。神経の働きがおかしくなった結果、普段使っている筋肉が上手く作用しなくなり、使用されない筋肉は衰えていくという流れです。

これを簡単に診断する方法としては、踵立ちとつま先立ちができるかどうかという診方があります。もちろんこれだけですべてを特定できるわけではないですが、どの立ち方ができないのかによって、どの部分の神経が圧迫されているのかを判断するひとつの目安になります。

椎間板ヘルニアの患部を判断するための手段にはもうひとつ、SLRテストというものもあります。これは仰向けに寝てもらい脚を持ち上げて、どの程度まで上げたところで足の痛みとしびれが出たかというもので判断します。

これらの診断に加えてMRIやレントゲンの画像検査が、椎間板ヘルニアの患部を探る方法になります。椎間板ヘルニアには、似たような症状の出る違う病が数多くありますから、その症状が本当に椎間板ヘルニアから起こっているものなのかを確認することは大切です。

また、保存療法で改善できず、ブロック注射や手術となった場合には患部に直接働きかける方法になるので、この際には画像検査の診断結果が大きな意味を持つことになります。

椎間板ヘルニアによって引き起こされる足の痛みとしびれはかなり辛いものになります。このような症状が出るとかなり重度な症状と言われるようになり、日常生活にも支障が出てくるレベルになります。

ですが、当サイトでお薦めしている「福辻式治療法」を実践していけば、この問題を解決することができます。もしあなたが、椎間板ヘルニアによる足の痛みやしびれで苦しんでいるのであれば、まずは一度この福辻式治療法を試してみてください。

きっと、この福辻式治療法があなたを苦しめている椎間板ヘルニアを改善するきっかけになるはずです。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


関連ページ3


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.