椎間板ヘルニアを腹筋と背筋の強化で改善する方法をご紹介。

腹筋と背筋を鍛えて改善する


腰痛防止には、背筋や腹筋などの体幹の筋肉をバランスよく鍛えなければなりません。予防だけでなく、すでになってしまった椎間板ヘルニアや腰痛を改善するためにも良い方法です。

椎間板ヘルニアでもリハビリメニューとして積極的に取り入れるべきケアです。では椎間板ヘルニアで腹筋と背筋を鍛えるためにはどうすればいいかと考えた時、スポーツ選手のようにがむしゃらに鍛えるだけではやはり危険です。

痛みが無いかどうか、鍛えることで痛みが増すことが無いかなど、椎間板ヘルニアの症状をチェックしながら鍛えなければなりません。

具体的な方法としては、バランスボールを使った運動が効果的だという方が多いようです。バランスボールは背筋や腹筋を鍛えることができます。

バランス感覚も養うことができ、また椅子代わりとしても使えます。バランスボールを椅子にすると腰痛が無くなると言われています。

筋力の強さには個人差があります。高齢者や女性の場合は特に弱い方が多く、少しずつトレーニングを積み重ねていく方法がベストです。リハビリトレーニングは自分に合った方法を選ぶことがもっとも大切です。

必ず1日に何回は行うようにする、と決めてしまうと、やはり辛い場合もあります。苦痛になって止めてしまわないとも限りません。

ですので毎日筋肉への負荷が一定まで来ないように工夫するのが一番です。リハビリを続けるといっても、他にも家事や仕事をしていますので、それらとバランスを考えて実行することです。

リハビリの時間をしっかりと取って、他のことを優先しないようにしたり、できれば時間を決めて実行することが大事です。

入浴前であればかなりやりやすいと思いますし、朝起きて仕事に行く前などは面倒に思えるものです。

椎間板ヘルニア改善のためにトレーニングをしている方には、福辻式腰痛改善プログラム(DVD)がおススメです。効果的なストレッチを毎日実行するだけで椎間板ヘルニアを改善できます。

このストレッチを実践するのに必要な時間は1日たった5分です。今現在行っているリハビリメニューに取り入れるというやり方でも良いので、手っ取り早くて誰にでも実行しやすい方法といえます。

リハビリ時間を短くしたい方にも、今行っているリハビリをそのまま実行しながらもっと椎間板ヘルニアの改善に向いた手法を取り入れたい方にもおすすめできる方法ですので、下記よりぜひその詳細を確認してみてください。

→椎間板ヘルニアを治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.