椎間板ヘルニアで悩んでいる方は牽引は受けないことをお薦めします。

牽引は行うべきではない

牽引療法とは、腰を引っ張ったり緩めたりすることで、筋や筋肉の緊張を解き、椎間板へかかる圧力を軽減し、ヘルニアの進行を防止する療法です。

椎間板ヘルニアにどのような効果があるのかというと、ストレッチ効果による筋肉の弛緩や、マッサージ効果による血行改善、椎間板や椎間関節の軽度の位置の矯正や心理的効果などが挙げられます。

費用的にも保険などが使用できる場合はとても安く済み、リハビリとしてホットパックや電気治療と一緒のセットになっている場合もあります。

一般的な整形などで受けられる牽引療法は脇にストッパー、腰にベルトを装着し、ベルトについたワイヤーを介して一定の間隔で筋を伸ばすものが主流です。

弱い力で数時間牽引する方法を「持続牽引」といい、体重に合わせて15分から20分間持続的に牽引する方法を「間歇牽引」といいます。

牽引療法は筋や靭帯をゆっくり伸ばすことからストレッチ効果がありますが、医師によっては椎間板ヘルニアの症状の緩和に牽引療法は役立たないと唱える人もいます。現に効果が出たと感じる患者と、全く効果がなかったと感じる患者にはっきりと意見が分かれています。

牽引は痛みの強い時期には痛みを和らげるという効果が期待できますが、長期的なものになってしまった椎間板ヘルニアの場合は、返って効果が出ずに症状を悪化させ長引かせることもあるので注意が必要です。

牽引は一時的に痛みを緩和することが可能ですが、何度か治療をしても痛みが引かなかったり、返って症状が悪化してしまった場合はすぐに牽引を中止して、別の治療法を実践することをお薦めいたします。

もしあなたが牽引を行ったにも関わらず、効果をなかなか感じることができなかったり、逆に症状が悪化してしまい困っているようでしたら、当サイトでお薦めしている福辻式治療法に切り替えてみてください。

この福辻式治療法を実践すれば、あなたが悩んでいる腰の痛みや痺れは必ず改善していくはずです。福辻式治療法の詳しい内容は下記よりご覧いただくことができますので、まずは一度内容を確認することをお薦め致します。


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.