椎間板ヘルニアを改善したければストレッチ体操をお薦め致します。

ストレッチ体操で治す

現在、椎間板ヘルニア患者さんの約7割が、整形外科などで行われている保存療法を行なっており、残りの2割は外科手術、そして残りの1割がその他の治療法を用いています。

保存療法とは、薬やブロック注射、牽引などが主になりますが、保存療法の中には、理学療法や運動療法など様々な治療方法があります。


その中でも最近特に注目されているのが、運動療法によるストレッチ体操です。

ストレッチ体操では、固まった筋肉をほぐし、血流を改善し、体のバランスを整えるなど、椎間板ヘルニアを根本から治すために必要な治療が多く含まれています。

また、ストレッチ体操には自然治癒力を上昇させる効果もあり、椎間板ヘルニアを自然治癒できる方法として、最近大変な注目を集めています。

ですが、自己流などで安易にやってしまうと、返って症状を悪化してしまうこともありますので、その道のプロから正しいやり方を学ぶことが大事です。

一度、椎間板ヘルニアを発症した方は、あの痛みを二度と味わいたくないという思いから、過度なトレーニングをやってしまいがちです。

しかし、過度なトレーニングは必要以上に腰に負荷を掛け、逆に腰の痛みや痺れの再発に繋がりますので、腰が痛いときは無理をして体を動かさず、自分のペースで行うようにしてください。

また、まだ椎間板ヘルニアになっていない人も、過度なトレーニングによって、腰に負荷が掛かると症状を誘発することになりますので、激しいトレーニングなどはできるだけ避け、椎間板ヘルニアを予防するためにも、ストレッチ体操を積極的に行なうようにしてください。

もしあなたが、椎間板ヘルニアを治すのに何か良いストレッチ方法がないかと探しているのであれば、当サイトでは福辻式ストレッチをお薦め致します。

福辻式ストレッチ体操を継続的に行っていけば、椎間板ヘルニアを改善できるだけでなく、椎間板ヘルニアの再発や予防を同時に行うこともできるようになります。

詳しいやり方は下記より説明していますので、椎間板ヘルニアで悩んでいる方は、一度実践してみてください。きっと、この福辻式ストレッチ体操があなたのその辛い腰の痛みやしびれを解消するきっかけになるはずです。


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.