椎間板ヘルニアの後遺症についてお話しているページになります。

後遺症を防ぐ

椎間板ヘルニアは症状が悪化すると手術なども検討されますが、手術は根本原因を取り除くものではありません。

あくまでも、今現在の痛みやしびれの原因となっている要素を取り除くだけです。また、手術をしても完治はせず、後遺症が残ってしまうことも多くあります。


では、後遺症をできるだけ残さずに椎間板ヘルニアを完治させるにはどうすればいいのでしょうか。とても基本的なことですが、根本から解決させることが、椎間板ヘルニアを改善する最も良い方法になります。

加齢で椎間板ヘルニアを発症してしまった人もいますが、それはもっと突き詰めれば、加齢によって骨が曲がったり、筋肉が弱ってしまったことがその原因になります。

ですから、普段から正しい姿勢を保って、腰椎への負担を減らすことを意識したり、ストレッチや体操を習慣付けて筋肉を鍛えることが大切です。

とはいえ、ストレッチなら何でもいいというわけではありません。それまで運動をあまりしてこなかった人が急に激しい運動をしてしまうと、負担が一気にかかって逆効果になります。

間違った動きをしてしまうと、椎間板ヘルニアを悪化させたり、ある程度改善しても後遺症が残る原因になるので、要注意です。ですから基本的には、椎間板ヘルニアの症状を改善するために考案されたものを選ぶようにしてください。

ここでは、椎間板ヘルニアを根本から改善する方法として、「福辻式ストレッチ」をお薦めいたします。

このストレッチは長い間、椎間板ヘルニアを含む腰痛の治療に携わってきた福辻鋭記先生が、自宅でも簡単に椎間板ヘルニアの症状を改善できるようにと考案されたものです。

痛みで安静を続けていた人には、動かさなかったことで固まった筋肉を動かすことになるので最初のうちは痛みを伴いますが、出来る範囲で少しずつ続けていくことで、だんだんと痛みが減っていきます。

また、福辻先生は施術院もやっていますので、DVDによる解説だけで不安な時には、福辻先生やその指導を受けた施術スタッフに診てもらうことも可能です。

詳しい内容は下記からご覧いただけますので、椎間板ヘルニアで長いこと悩んでいる方は一度内容を確認してみてください。きっと、この福辻式ストレッチがあなたの病状を根本から改善するきっかけになるはずです。

→椎間板ヘルニアを治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.