椎間板ヘルニアを早く治したければ真剣にリハビリに取り組むことが大事です。

リハビリについて

椎間板ヘルニアのリハビリと聞くとなんだか難しいもののように感じるかもしれませんが、実際には専用の施設で器具を使って行うものから、体一つでできるものまで様々です。

椎間板ヘルニアの症状が酷い時には安静が大切ですが、ある程度椎間板ヘルニアが治ったあとでも、再発防止にリハビリに努めることは重要です。

また、椎間板ヘルニアのリハビリというのは軽い運動やストレッチを指すため、肥満など生活習慣病の対策にも良い方法となります。

ではその具体的な方法ですが、最大のポイントは、1日15分程度でもいいので、毎日続けることです。継続的に続けることで腹筋や背筋の強化を図り、老化による衰えを緩やかにすることができます。

ストレッチを毎日行うのが難しいという場合には、日常生活の中で歩く機会を増やすだけでも効果はあります。ただしその場合、リハビリとして歩くのだという意識を持ってください。

背筋を伸ばすことや、歩幅を気持ち広めに保つこと、内股・ガニマタにならないこと、きちんとした靴を履くことなどがポイントです。

しかしできることならば、椎間板ヘルニアの再発防止のために行うのであれば、ご自身の症状に合わせて考案されたものを実践する方がおすすめです。

何故なら、椎間板ヘルニアではやってはいけない動きというものがあるからです。やってはいけない動きをしてしまうと、かえって悪化を招いたり再発の危険性が上がるため、独学ではなく、専門家に正しい動きを学ぶようにしてください。

当サイトでお薦めしているのは「福辻式ストレッチ」です。30年以上の腰痛治療の実績を持ち、日本の名医50人も選ばれている福辻鋭記先生が考案しているストレッチ法です。

実際にこのストレッチを実践した延べ5万人以上の患者さんが、腰の痛みや足の痺れなど、様々な症状を改善しております。

詳しい内容は下記よりご案内しておりますので、椎間板ヘルニアで長いこと悩んでいる方は、一度詳細をご覧になってみてください。きっと、この福辻式ストレッチがあなたが今抱えている悩みを解決してくれるはずです。


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.