椎間板ヘルニアは整形外科では治せません。

整形外科の治療について

一般に椎間板ヘルニアの疑いがある場合、整形外科を受診する方がほとんだと思います。

また、病院によっては脊椎脊髄外科等を設けているところもあります。

椎間板ヘルニアを治すのに接骨院や整体院でもいいだろう、という方もいます。

もちろん、接骨院や整体院で治療をすることは可能ですが、まずは整形外科で一度診断を受けて、自分の症状が本当に椎間板ヘルニアなのかを明らかにする必要があります。

よく椎間板ヘルニアだと思い、整形外科でレントゲンやMRIなどの画像診断を受けたら、別の腰の疾患だったということはよくあります。脊柱管狭窄症や分離症、すべり症などです。

また病院が休みだからといって整形外科に行かず、接骨や整体で診てもらったり、いろいろな事情があると思いますが、1度は整形外科で診断を受け、自分の本当の病名を知ることは大切です。

腰椎の椎間板ヘルニアとは、椎間板の中のやわらかい組織が突出し、神経を圧迫して症状を起こすものです。腰の痛みとともに下肢にも痛みや痺れなどの坐骨神経痛の症状が現れます。

これらの症状はとても激しく、薬やブロック注射などを使用しても、鎮まらないことがほとんどです。整形外科では主に薬や湿布を処方し状態を見守ります。それでも、痛みがおさまらない場合は、ブロック注射などで対処します。

それでも、腰の痛みや下肢の痺れが取れない場合、最終手段として手術を行うことになります。椎間板ヘルニアでは内視鏡下手術が一般的です。内視鏡を見ながらの手術になり、高い技術力が必要になります。

手術が怖いという方も多いですが、整形外科では必ず手術をするわけではありません。手術はあくまで最終手段でほとんどの整形外科では薬やブロック注射で経過観察をしていきます。

ですが、最終手段の手術を受けたとしても、それで椎間板ヘルニアが完治できるのかというとそんなことはありません。それよりも手術を受けた直後に症状が悪化した方も多く、術後半年以内に症状が再発した方は90%以上にもなると言われています。

ですから、椎間板ヘルニアを治すのに薬や手術、ブロック注射で治すことは難しいということを知ってください。薬もブロック注射もあえて言えば、単なる麻酔に過ぎません。麻酔を打って痛みをごまかしているだけなのです。

椎間板ヘルニアを根本から治すには、今までの日常生活の見直し、崩れている身体のバランスを整える、適切な筋力をバランスよくつける、この3つが基本となって椎間板ヘルニアを完治することができるのです。

ですので、整形外科の治療では手術も含めて椎間板ヘルニアを治すことはできないということを知ってください。では、一体どうしたらいいのか。

もしあなたが、椎間板ヘルニアによる腰の痛みや足の痺れで悩んでいるのであれば、当サイトで推薦している「福辻式治療法」を実践してください。

福辻式治療法では、椎間板ヘルニアを根本から治すための3つの基本が全て含まれており、また、この治療法で延べ5万人以上の方が椎間板ヘルニアを完治している実績もあります。

ですので、あなたが悩まされている腰の痛みや痺れも、この福辻式治療法で改善することができるはずですので、まずは一度下記より詳細をご覧になってみください。きっと、この方法があなたの椎間板ヘルニアを完治する第一歩になるはずです。

→椎間板ヘルニアを治す 福辻式治療法はこちらから

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


関連ページ2


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.