椎間板ヘルニアを治したければ薬を止めることです。

薬をいくら飲んでも解決しない理由

椎間板ヘルニアの治療方法にはさまざまなものがありますが、そのひとつに薬を使っての治療があります。

主には痛み止めですが、ブロック注射も直接患部に薬を注入するものなので、薬を利用する療法のひとつと言えます。

椎間板ヘルニアに有効だとされる薬には、大きく分けて3つの種類になります。ひとつは痛みや炎症を抑える消炎鎮痛剤。次に、筋弛緩剤。こちらは弛緩という名前の通り、強張った筋肉を和らげるためのものです。

椎間板ヘルニアでは身体のバランスが崩れて筋肉に負担がかかって硬くなっていることがあるので、そういった筋肉の硬直からくる痛みを和らげる効果を期待します。

最後に、末梢循環型改善薬というもので、これは血管を広げるものです。筋肉が強張る原因のひとつに血流の悪さもありますから、これである程度は痛みや症状の改善が期待できます。

しかしこれらはあくまでも、腰の痛みを一時的に緩和させるもので、椎間板ヘルニアを根本から解消するものではありません。

椎間板ヘルニアが起こった原因自体を解決しないと、症状を和らげることはできても完治はできないのです。では椎間板ヘルニアを根本的に解決するにはどうすればいいのか。

椎間板ヘルニアの多くは、加齢や運動不足により筋力が低下して腰椎を支える力がなくなったり、姿勢の悪さから身体のバランスが崩れたりして起こるものです。

ですから、筋力トレーニングと姿勢の改善を意識し、本来の健康なバランスを取り戻すことで、椎間板ヘルニアを改善していくことができます。

ここでは、椎間板ヘルニアを根本から改善できる唯一の治療法として、「福辻式ストレッチ」をおすすめいたします。というのもこの方法で提案されるストレッチはどれも、身体のバランスを整えることを考えながら考案されています。

また、椎間板ヘルニアを再発させないためのトレーニング方法も含まれていますから、この福辻式ストレッチをしっかりと続けていけば、椎間板ヘルニアを再発しにくい身体にすることもできます。

詳しい内容は下記からご覧いただくことができますので、腰の痛みや痺れで長いこと悩んでいる方は、この福辻式ストレッチを一度実践してみてください。きっと、この方法があなたを悩ませている椎間板ヘルニアを完治させるきっかけになるはずです。


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.