椎間板ヘルニアにマッサージを勧めない理由をお話しています。

マッサージについて

椎間板ヘルニアの痛みを和らげるためにマッサージに行く方がいますが、椎間板ヘルニアを持っている方は十分な注意が必要です。

というのも、椎間板ヘルニアの患部を下手に刺激すると、症状を悪化させてしまう可能性があるからです。

痛みで筋肉が強張っていると、それをほぐして少しでも体を楽にするために、マッサージに行きたくなりますが、その際にはそのマッサージを行うスタッフがしっかりとした知識を持っているかどうか、確認することが必要です。

また、筋肉だけをほぐしたところで、それは対処療法にしかならず、根本的な解決にはなりません。椎間板ヘルニアの解決にならないばかりか、かえって悪化などしてしまったら目も当てられません。

椎間板ヘルニアで筋肉をほぐして痛みを和らげたい時にはマッサージではなく、しっかりと国家資格を持った整体院に行くか、同じく資格を持つ理学療法士のいるリハビリ施設に行く方が良いと思います。

リハビリ施設では、体操やストレッチを利用して筋肉を解したり鍛えたり、身体のバランスを整える運動を指導してくれます。

この場合の良いところは、覚えたストレッチを自宅で行えるという点にあります。運動療法はすぐに効果が出るものではないため、毎日コツコツと続けていくことが大切なので、自宅で行えるのは非常に良いことです。

また、椎間板ヘルニアに有効なストレッチとして、当サイトでは「福辻式ストレッチ」をお薦めしております。福辻式ストレッチは、長年椎間板ヘルニアの治療に携わってきた福辻鋭記先生がその経験をもとに考案されたストレッチです。

実際にこのストレッチで5万人以上の腰痛患者さんが腰の痛みや痺れを改善しており、多くの椎間板ヘルニア患者さんも症状を改善している実績があります。

詳しい内容は下記よりご案内しておりますので、椎間板ヘルニアによる腰の痛みや痺れで長いこと悩んでいる方は、一度詳細を確認してみてください。きっと、このストレッチ法があなたの腰の痛みや痺れを改善するきっかけになるはずです。


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.