椎間板ヘルニアの検査についてお話ししています。

検査について

椎間板ヘルニアは、まずしっかりと検査を受けてから治療を始めることが大切です。

腰痛や下肢痛等の症状があるから椎間板ヘルニアとは断言できません。脊柱管狭窄症や腰椎分離すべり症など別の腰の疾患の可能性もあります。


ですが一度、病院で画像検査をしっかりと受ければ、自分の腰の病がはっきりと分かりますので、自己判断をせずに一度検査を受けることです。

整形外科ではまず問診を行います。医師にどのような痛み、しびれがあるのか、どのような時に起こるのか、ひどくなるのか、日常生活のどのような影響があるのか、など、自分の今ある症状をしっかりと伝えます。

また視診や触診などをして感覚、筋力の検査などをします。熟練の腕を持つドクターであれば診察室に入って来た姿勢を見ただけで椎間板ヘルニアかどうかわかる、と言われます。

姿勢を見ることはとても大事です。問診でも日常的にどんな仕事をしているのかや、どんな姿勢をしているのかを確認します。

また検査で椎間板ヘルニアと確定させるためには、画像検査を受けなければなりません。レントゲン撮影をすれば骨の曲がり方や椎間板ヘルニアの可能性を測ることができます。

またMRIやCT検査によっても、椎間板ヘルニアは確定することができます。MRI検査は検査当日に受けることができる場合もありますが、多くの病院では検査とは別に予約制になっています。

日常的に悪い姿勢をしているからとか、痺れの症状があるからといって、椎間板ヘルニアだと断定することは難しいので、自分の腰の病が一体何なのかはっきりさせるためにも、一度病院で診てもらう必要がやはりあります。

そうしないと、椎間板ヘルニアだと思って治療を行っていたのに、画像検査をしたら別の腰の病だったということはよくあります。遠回りしないためにも正確な情報はやはり必要です。

もしあなたが、椎間板ヘルニアによる腰の痛みや痺れで悩まされているのであれば、当サイトでお薦めしている「福辻式治療法」を一度実践してみてください。

この治療法は薬やブロック注射、手術などは一切せずに、人間が本来持っている自然治癒力を利用して症状を改善していく方法です。ですので、体に負担を掛けることはありません。

また、この方法で延べ5万人以上の患者さんが症状を改善していますし、手術をしようか悩んでいた重症な方も大勢改善している実績がありますので、あなたの腰の痛みや痺れもこの福辻式治療法で改善できるはずです。

詳しい内容は下記よりご案内しておりますので、まずは一度詳細をご覧になってみてください。きっと、この治療法があなたを悩ませている腰の痛みや痺れを改善するきっかけになるはずです。

→椎間板ヘルニアを治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.