椎間板ヘルニアは入院しなくても治すことができます。

入院について

椎間板ヘルニアで入院して治療を受ける方は多くいます。また入院となると手術を受けるのが一般的ですが、痛みが酷くて入院する方もいますし、保存療法を主体としたリハビリを目的として入院する方もいます。

椎間板ヘルニアでは、坐骨神経痛の痛みが起こりますが、この痛みが酷いからといって入院できるとは限りません。

また入院するとなった場合、日数はどれくらいかかるのかというと、一般的な手術法であるラブ法の場合、2週間くらいが目処になります。MRI、CTの検査などを受け、医師に入院を勧められたら準備を進めていくことになります。

また入院日、手術日などはあらかじめ確認しておきます。抜糸がある場合は術後10日程度で退院できると思います。またコルセットをしますので、オーダーメイドで作成したり、リハビリの期間がどれくらいなのかも症状に合わせて確認しておくべきです。

医療費については健康保険で約7割程度戻ってきます。検査、手術、リハビリなどを含めて30万円くらいかかりますので、トータルで10万円位は自費で必要となります。

ですが、椎間板ヘルニアは入院したからといって完治できるとは限りません。退院してからの日常生活の見直しや継続的なリハビリが大事です。リハビリを続けないとまた再発する可能性が出てきます。

リハビリをして姿勢を正し、食生活も正すなど、様々なケアが大切になってきます。ですが、椎間板ヘルニアを治すのに入院など必要ありません。当サイトでお薦めしている福辻式治療法を実践すればご自宅で治すことが可能です。

もしあなたが、椎間板ヘルニアによる腰の痛みや痺れが酷くて入院しようかどうか迷っているのであれば、「福辻式治療法」を一度実践してみてください。

あなたと同じように入院するかどうか迷っていた方や、手術をしようか悩んでいた方が実際にこの治療法を実践して、延べ5万人以上の方がご自宅で椎間板ヘルニアを治すことに成功しています。

ですので、あなたのその辛い腰の痛みや痺れもこの福辻式治療法を実践すれば、入院などせずにご自宅で症状を改善することが可能です。

詳しい内容は下記よりご案内していますので、まずは一度詳細をご覧になってみてください。きっと、この治療法があなたを悩ませている椎間板ヘルニアを改善する第一歩に繋がるはずです。


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.