関連ページ2です。

  • TOP
  • »
  • 関連ページ2

関連ページ2について

椎間板ヘルニアと姿勢の関係性

姿勢の取り方によって、腰にかかる負担は大きく変わってきます。一般的に猫背気味の方やデスクワークの仕事に従事している方、また同じ姿勢を長時間取り続けている仕事をしている方は、普通の人よりも腰に負担をかけやすいと言えます。

まず、正しい姿勢を作る基本としては、背中を壁にあてて、後頭部、お尻、かかとが、壁につくような状態を作ります。

こうすることによって、体全体が直線となり、腰に負担がかからない正しい姿勢を作ることが出来ます。このように正しい姿勢を意識して、日々の生活の中でも取り入れるようするだけで、椎間板ヘルニアの予防に繋がっていきます。

また椅子の座り方一つでも、腰の負担を減らす方法があります。まず、お尻が背もたれに密着するようにして座り、顎は軽く引くようにして、お尻を引いて座ります。また、椅子に座るときは足が地面に着くように調整します。

また、床や座敷に直接座るときは、胡坐や足を延ばす姿勢は避けるようにしてください。腰の部分に余計な負担がかからないよう、正座をして直線的な姿勢を作り出し、腰への負担を減らすようにします。

またお風呂に入るときには、小さな椅子は前傾姿勢となるため、腰への負担が大きくなる傾向があります。片膝をつくなどして、体の位置を分散するようにしてください。

また長時間の車の運転は、椎間板ヘルニアの原因になることが多く、長いこと同じ姿勢でいると腰にかかる負担が大きいため、適時休憩を取るなどして、腰への負担を少なくするように気を配ってください。

また、車の座席とハンドルが離れすぎないようにも気を配り、座席とお尻が密着するようにすれば、腰に負担をかけないようにすることができます。このように姿勢の取り方に注意して気を配れば、椎間板ヘルニアを予防することができますので、ぜひ実践してみてください。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.