椎間板ヘルニアを悪化させない方法をご紹介しています。

悪化を防ぐ方法


椎間板ヘルニアの悪化を防ぐにはどのようにすればいいのか。整形外科で治療を受けているけれど、椎間板ヘルニアが一向に良くならないという人は大勢います。

もちろん、整形外科の治療で治ったという人もいますので、その人の体質や病状によっても椎間板ヘルニアが悪化するかどうか変わってきます。

だからこそ、その治療が合わないと思ったら、出来るだけ早く別の治療法を検討することが大切です。自分で判断をするのが難しいと思うのであれば、セカンドオピニオンを利用してください。

複数の医者や治療家の見解を聞くことで、より広い視点で椎間板ヘルニアの解消法を探っていくことができます。

椎間板ヘルニアは整形外科ではコルセットや温熱による安静や血行促進、またブロック注射や投薬による痛み止めなどが中心になります。

これらの治療法は基本的には対処療法になります。対処療法とはいえ一時的に痛みは和らぐので、そのまま再発せず治ってしまったという方も中にはいます。

しかし同時に、何度繰り返してもすぐ痛みが戻ってしまう、むしろ酷くなっていくばかりだという人も大勢います。

椎間板ヘルニアの悪化を防ぐには、根本的な解決法を探っていく必要があります。その根本的な解決法となるものが、運動療法です。

そもそも椎間板ヘルニアは姿勢の悪さや腰に負担のかかる動作を多くおこなっていることが原因になっていることが多いです。

ですから、姿勢の悪さを矯正したり、腰の筋肉を鍛えて負荷に耐えられるようにしたり、片寄った負担がかからないようにバランスを取る運動を行うことが重要なのです。

椎間板ヘルニアに有効な運動としてお勧めするのは、当サイトで何度かお勧めしている「福辻式ストレッチ」です。毎日休まず続けることが条件ですが、1日5分と短い時間で取り組むことができ、椎間板ヘルニアを短期間で改善することが出来るのが特徴です。

ストレッチは毎日続けないと効果が出ないので、特に最初の頃はモチベーションを保つのが大変ですが、毎日コツコツ続けていけば高い確率で椎間板ヘルニアの症状を解消していくことができます。

悪化していく椎間板ヘルニアにお悩みの方は是非一度、この福辻式ストレッチの内容を下記より確認してみてください。きっと、あなたの辛い症状を改善するきっかけになるはずです。

→椎間板ヘルニアを治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.