椎間板ヘルニアの正しい治療法を詳しく解説しています。

治療について

椎間板ヘルニアを発症すると、基本的には「保存療法」か「手術」のどちらかを採用することになります。

中には保存療法によって改善する人もいます。しかし、椎間板ヘルニアは保存療法だけで改善する方はほとんどいません。


まず、椎間板ヘルニアになるとほとんどの方は整形外科を受診します。整形外科ではまずCTやMRI、X線による画像診断が行われます。

そして、患部の骨の変性部位を特定することによって、どこが神経を圧迫しているのかを特定し、どのような手段を選択すれば早期に改善できるのか、ということを診断します。

また、その他に整形外科などでは「ブロック注射」が用いられます。ですが、ブロック注射は一時的に神経を麻痺させて、痛みを抑えるだけのものですので、それで症状が改善されることはありません。

麻酔が切れれば痛みはすぐに戻りますし、また逆にブロック注射を打ったことにより、症状が悪化する方は多くいます。ブロック注射を打って症状が悪化する原因は、主に医師の技術不足です。

熟練した医師が打てば痛みがすぐに収まる場合もありますが、腕の悪い医師が行うと、神経を打つ箇所を間違えてしまい、結果症状が悪化してしまうことがあるのです。

ブロック注射はあくまで一時的に痛みを抑えるだけのもの、また椎間板ヘルニアの症状を悪化するリスクも高い、このことをしっかりと知って頂ければと思います。

この他、整形外科では鎮痛剤を出しますが、こちらもブロック注射同様、一時的に痛みを抑えているに過ぎません。鎮痛剤もあまり効果を期待することは出来ないので、別の手段を考える必要があります。

また、重度な患者さんには手術が採用されることもありますが、どの手術法も術後の再発率が高いため懸念されます。

整形外科以外の方法としては、民間療法があります。民間療法とは、整体やマッサージ、カイロプラクティック、接骨院や鍼灸院などです。

整形外科ではほとんどの方が結果を出せないので、民間療法に頼る人は多くいます。その中で椎間板ヘルニアを完治できる方もいれば、やはりなかなか症状が改善されないという方もいます。

もしあなたが、どこに通っても椎間板ヘルニアが治らないと悩んでいるのであれば、「福辻式治療法」を一度実践してみてください。

この治療法を開発された福辻先生は、椎間板ヘルニアの施術歴が30年以上もある先生で、今までに延べ50000人以上の患者さんが、薬や手術などをせずに痛みや痺れの症状を短期間で改善しています。

福辻先生の公式ホームページは下記よりご覧になれますので、長年椎間板ヘルニアで悩んでいる方は、「福辻式治療法」を実践することをお薦め致します。


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.