椎間板ヘルニアが再発して悩んでいる方はこちらのページをご覧ください。

再発する理由について

椎間板ヘルニアを完治するには、数ヶ月にも及ぶ長期的な治療が必要になることがあります。

しかし、せっかく完治したにも関わらず、すぐに前と同じ生活に戻ってしまっては、今までの苦労が全て無駄になってしまいます。


椎間板ヘルニアは非常に再発性の高い病気です。外科手術の場合、9割以上の方が半年以内に再発してしまっているというデータがあります。

さらに再手術を行う場合、手術の難易度が上がることも特徴で、後遺症が残る確率もさらに上昇します。ですので、このようなことにならないためにも、症状が完治した後は、元の生活態度を改めるように努力することが必要です。

椎間板ヘルニアが起こる主な原因は、腰に掛かる負担が限界点を突破することにあります。例えば力仕事で重いものを何度も上げ下ろししたり、デスクワークで同じ姿勢を何時間も繰り返すことで、腰に大きな負荷が掛かり、椎間板ヘルニアを起こしてしまいます。

こうした腰に掛かる負担を減らすには、まず日常生活において、力仕事などをしている人は荷物を持ち上げるとき、腰の力だけに頼らず、身体全体の筋肉を使って荷物を持ち上げるように心掛けます。

また、長時間のデスクワークをしている方は、同じ姿勢を維持するのは2時間程度にして、作業の合間にストレッチなどを行い、硬くなった筋肉をほぐすように心掛けます。

さらに腰の負担を減らすのに効果的なのが、筋力トレーニングです。腰椎を支える筋力をつけることで、腰に掛かる負担を分散させることができます。

椎間板ヘルニアを改善するための一つである保存療法には、ストレッチや筋力トレーニングなどの運動療法がありますが、これが椎間板ヘルニアを治すにはもっとも効果的です。

保存療法を行っていた方は、完治後もこの運動療法は継続して行い、腰椎周りにしっかりと筋力をつければ、椎間板ヘルニアを予防することができます。

もしあなたが、椎間板ヘルニアを再発してしまい悩んでいるようでしたら、当サイトでは「福辻式治療法」をお薦め致します。

福辻式治療法は椎間板ヘルニアを再発した方も含めて、50000人以上の患者さんが短期間で症状を改善している画期的な治療法です。

詳しい内容は下記よりご覧になれますので、辛い症状で長いこと悩んでいる方は一度確認してみてください。きっとこの方法があなたを悩ませている病状を完治するきっかけになるはずです。


Copyright © 2016 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.