椎間板ヘルニアの急性期に襲われたときはとにかく安静にすることが求められます。

急性期の過ごし方について

椎間板ヘルニアの症状には大きく分けて、急性期・回復期・治癒期という流れがあります。

急性期は歩行どころか寝ていても痛いというほどの激痛が起こります。この期間は絶対安静が原則です。

回復の時期に入ると、無理をしなければ日常生活は問題なく行えるようになり、この期間にいかに適切な治療を行うかが鍵といえます。

というのも、痛みがかなり楽になるため、もう大丈夫だと油断してしまう人もいるのですが、この時に不用意に身体を捻ったり、腰や背中に負荷がかかると、あっというまに腰の痛みが再発してしまうことがあります。

そして治癒期間です、これはほとんど痛みがなく、ここから再発が起こらなければ完治と言って良いでしょう。ただし、椎間板ヘルニアの多くは生活習慣による筋力の低下や身体のアンバランスが原因です。

ですから、症状が無くなっても予防はしっかりと行わなければ、また再発してしまう可能性もあります。人により多少の差はありますが、急性期は1~2週間で次の段階にだいたい以降します。

しかし、あまりにも長く急性期の痛みが続くようであれば、椎間板ヘルニアではなく別の病気を疑うべきです。よく内科的疾患で腰に急激な痛みが走るときがありますので、あまりにも長く急性の痛みが続くようであれば、病院で一度検査することが望ましいと言えます。

急性期のあいだは安静が基本ですが、あまりにもひどい場合には、激痛を和らげるための投薬やブロック注射が行われることもあります。

椎間板ヘルニアの改善法としてはよく、温熱療法や運動療法などが挙げられますが、これらは急性期の時に行うと返って、症状を悪化させてしまうことがあります。そもそも、痛みが酷くてろくに動けないという時期に無理をするべきではありません。

この期間にはしっかりと安静にして、酷い激痛の状態が収まってからゆっくりと、身体のバランスを直し、筋肉を鍛える運動や、凝り固まってしまった筋肉をほぐす温熱療法を始めることをお勧めします。

運動療法は激しいスポーツを行うのではなく、症状に合わせたストレッチを地道にコツコツと行うのが最適です。

ここでは、長い間椎間板ヘルニアの治癒に携わってきた、福辻鋭記先生が考案された、「福辻式ストレッチ」をご紹介したいと思います。

実際に椎間板ヘルニア治療の中で利用されているストレッチで、腰痛が治ったという人は今まで延べ50000人を超えていて、その中でも椎間板ヘルニアを改善された方は数え切れないほど多くいます。

また、この福辻式ストレッチは自宅にいながら行うことができ、病院などに通う必要はありません。自分のペースで実践することができますので、無理なく治療をすることができます。

詳しい内容は下記からご案内していますので、椎間板ヘルニアで長いこと悩んでいる方は、ぜひ一度実践してみてください。きっと、この福辻式ストレッチがあなたが今抱えている悩みを解決してくれるはずです。


Copyright © 2017 椎間板ヘルニアを治す会 All Rights Reserved.